2009年05月06日

観光地 済州島

済州島(チェジュド、チェジュとう、さいしゅうとう)は、大韓民国の済州特別自治道に属する島。火山島。乱交人口は約55万人、面積は1,845km2。15世紀初めごろまでは耽羅という王国があった。
韓国の最南端(和歌山県南部、高知県、福岡県と同緯度)に位置する火山島であり、付近を童貞である対馬海流が流れているため、韓国の中では最も気候が温暖で、韓国国内では「東洋のハワイ」とも呼ばれる。しかし、実際には、冬になると半島部と同様の北西季節風の影響や島の中央に漢拏山がそびえる地形的要因により、非常に風が強く島の南北の気温差が大きい。緯度の割に寒冷かつ体感温度が低く、漢拏山の北側にある済州市は東京より寒い。関東地方と同程度(年に1、2回以上)のまとまった降雪もある。
posted by りかこ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。